治験のバイトで技術を向上|夢を叶える勇気

把握しておくべき事項

ドクター

案件によって条件は異なる

参加することで協力費が発生するため、治験はバイトのような感覚で取り組むことができます。実際に取り組む際に把握しておく必要があるのは、案件によって参加条件が異なっているため、参加できる場合とできない場合があることです。たとえば、治験で募集している人の年齢層はある程度決まっています。募集が多い年齢層は20代や30代となっています。40代以上を募集している案件は存在していますが、20代や30代を募集している案件の方が多い状況です。また、身長や体重から算出される数値の条件も決められている場合が多いです。平均的な身長や体重であれば算出される数値は問題無い可能性が高いです。他にも案件によって細かい部分で条件が設定されているため、内容をしっかり把握することが大切です。治験の募集情報は求人情報誌や公共の職業紹介施設ではなく、治験の情報が掲載されているホームページで確認できます。

参加中の過ごし方を考える

バイトというイメージで治験に参加した場合、自分で何かをしなければならないと考えてしまう場合があります。しかし、治験は飲み薬や塗り薬の経過を観察するために行っています。そのため、採血だったり、医師や看護師に状態を診てもらったりする場面はあります。しかし、バイトとして働く時のように動き回るような状況はないです。そのため、食事や睡眠、入浴以外の時間は意外に多くなります。ですから、何もしない時間をどのように過ごすべきかを治験に参加する前に考えておくことが大切です。治験に数日間から数週間参加すれば数万円や10万円を超える協力費を得られるため、バイトと考えれば割が良いです。ただし、自由な時間の過ごし方は事前に考えておく必要があります。

国家資格が必要

作業員

施工管理は、建築現場における管理全般を統括する責任がある仕事です。国家試験による資格取得も要件となっています。求人はそれほど多くありませんが、マネジメントスキルや管理能力、そして統率力などが技術に加えて必要とされています。

View Detail

ニーズ高い医療の事務職

医者

雇用安定性が相対的に高く、かつ転勤の可能性も少ない病院での医療事務は人気の高い職種です。薬剤を含む医療に関する専門知識や資格を持っていると、求人で提示されているよりも良い条件で就職できる可能性があります。

View Detail

人気の職種

計算する人

経理業務へ転職する際には、実務経験の有無や簿記の資格の有無について良く聞かれます。そのため、実務経験が無い場合まずは簿記2級の取得を目指すことをおすすめします。資格を持っていれば、転職活動をスムーズに行うことが出来ます。

View Detail